三郷市K様邸ウレタン吹付け断熱工事です。面白いですよ。吹き付けるとどんどん断熱材が盛り上がってきます。

なぜ一般に使われているコストの安いグラスウール断熱材を使わず、コストの高い吹き付け断熱を使うのかを説明します。

グラスウール断熱材はどうしても木材と断熱材の間に隙間ができます。それに比べ、現場施工の吹き付け断熱材は現場で吹き付けするので手間がかかりますが、隙間ができにくいのです。柱と断熱材が密着するからです。

1度現場に見に来てください。凄い迫力です。当社の家で最も自慢できるスペックのひとつ“断熱”です。