先日工事させていただいた三郷団地のリノベーションにて住宅新報に掲載いただきましたのでご報告させていただきます。

みさと団地の工事では購入当時のままだった部屋は水回りをはじめ室内の段差解消などフルリノベーション工事を行いました。


部屋をスケルトン状態にして工事を行い間取りは3DKから2LDKにいたしました。床はフルフラットのフローリングに変更、間仕切り口も開口部を大きく滑らかに動く吊り戸としました。サッシも既存の窓枠を残しながらそれをカバーするように取り付けるカバー工法におり部屋を暖かくしてヒートショック対策をしました。

松井産業は大正11年創業し今年で96周年目にあたります。コツコツと経営を行ってきたおかげで黒字経営を続け、自己資本比率も70%以上となり大変安定している企業として銀行よりも評価いただけるようになりました(大手税理士法人より長期財務格付も3と評価いただくなど非常に安定しています)。今後もお客様に喜んでいただくために安定した経営を目指してまいります。