松井産業は木耐協に加盟しております。今回は朝礼にて耐震新商品について説明を受けました。

当社は木耐協の中でも最も古くから活動している会員です。これまで多くの耐震診断や耐震改修工事を行ってきました。

熊本大地震時には国が耐震性があると判断している昭和56年から平成12年の建物も2割が倒壊・大破しており小・中破を含めると8割が被害を受けている状況です。地震はいつ起こるかわかりません。これからは昭和56年から平成12年の建物も写真のように簡易に工事がしやすい商品で耐震性を持たせるなど耐震を進めていく必要があると考えます。