寒い冬には焼き芋 松井産業

親睦委員会が中心となり芋煮と焼き芋で食事会を行いました。

素朴ですが熱い汁物とアツアツの焼き芋を皆と食べれば寒さなど吹き飛びます。

吉川市T様邸キッチン交換工事を行いました。

吉川市T様邸のキッチン交換工事を行いました。

トクラスI型です。人造大理石とサイクロンフード、実際家事をするお母さんが好きになりそうな色合い、シンクの中まで人造大理石で実際に鉄球を落としても割れないなど様々な利点があります。当社ではコミコミ価格でご提示します。

お気軽にお立ち寄りください。

リフォームでは耐震をお勧めしています。

減震装置体感装置です。減震ブレーキをつけた家と一般的な家との揺れの違いを比較しています。当社には耐震リフォームなど地震に関してお客様がわかりやすいように様々な展示を行っています。

減震は新築でお勧めしています。経済性と効果の両面で考えるとコストパフォーマンスがとても高いです。免震もすばらしいですが費用がかかりすぎるのが難点です。リフォームではやはり耐震をお勧めしています。耐震はもちろん費用はかかりますが予算に応じて様々な提案ができます。耐震工事を行い大きな地震が来ても家の倒壊を防げるようにします。効果も大事ですが経済性も大事です。お客様が納得できる金額に応じて耐震のご提案をさせていただきます。

リバースモーゲージより高額な査定に驚き。 老後資金は「リースバック」で。

リバースモーゲージより高額な査定に驚き。

老後資金は「リースバック」で。

https://www.matsui-sangyou.co.jp/faq/faq_sale/72713.html

地元で信用を築き、100年近くの歴史を持つ不動産業「センチュリー21・松井産業」ならではのサービスです。

自宅を売却して資金確保。同じ家を賃借して、住む場所も確保できるご提案です。

松井産業は水回りや耐震・大規模改修工事・修繕など幅広く対応できます。

昨日は松井産業新春お客様感謝祭に多くの方にお越しいただきまことにありがとうございます。

松井産業リフォーム館には各メーカーの水回り商品がコミコミ価格でご提示させていただいています。
また耐震ブースがあり耐震などの各耐震商材が揃い有資格者による耐震の説明もいたしております。
感謝祭でも多くの方にご相談をいただきました。

当社は水回りだけでなく、耐震や大規模改修、修繕やアパートマンションの原状回復に至るまで様々な工事に対応しております。
まずは一度お客様のリフォームプランをお聞かせいただけますか?
本年も頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします。

本日開催した松井産業の新春お得意様大感謝祭

本日開催した松井産業の新春お得意様大感謝祭、
はしご乗りの様子です。餅つき大会もお子様たちにも体験していただきました。

起震装置でお客様に震度7の地震体験もしていただきました。
左側が減震ブレーキのあるイシンホーム、右側が一般の住宅です。
揺れが大きくなるにつれて、左側ではブレーキが効き始め、揺れを小さく抑えます。

景品多数!明日はリフォーム館にて、新春お得意様大感謝祭です。

松井産業の新春お得意様大感謝祭が、いよいよ明日1月6日(日)、10:00〜に迫りました^_^
会場となるリフォーム館では、準備が着々と進んでいます。
特賞:和牛が当たるビンゴ大会に加えて、会場にてLINE@登録でもれなく指人形プレゼント、無料のグルメ大会、ガラポン抽選会、スタンプラリー、ご商談福袋、早食い早飲み競争など、景品が貰えるアトラクションを、いくつもご用意しています。
地域貢献イベントとして、どなたでもご来場いただけます。どうぞお誘い合わせの上お越しください。

仕事始め。餅つきやけんちん汁で社員の親睦を深めました。

仕事始めの勉強会の後、社員が集まって餅をつき、けんちん汁を作って、親睦会を開きました。
これは、1月6日(日)に地域の皆様をおもてなしする「新春お得意様大感謝祭」の、リハーサルと試食会も兼ねています。
松井産業はこうして全社員がひとつに結束し、イベント当日はホスピタリティ精神あふれるスタッフとしてお客様をお迎えします。
どうぞ明後日は楽しみに本社へお越しください。

本日より仕事始め。経営品質の勉強会です。

あけましておめでとうございます!
松井産業は本日1/4より仕事始めです!
全社員が集合し、新年式に続いて経営品質についての勉強会を、午前中いっぱい行いました。
昨年よりは今年、より質の高いリフォーム工事やサービスをお客様に提供するため、どこをどう改善すべきか、皆で知恵を絞り合っています。
どうぞこの一年、よろしくお願い申し上げます。

【御礼】2018年まことにありがとうございました。

おかげさまで松井産業は無事2018年を終えることができそうです。今年もたくさんのお客様にリフォーム館にお越しいただき水回りのリフォームや耐震工事、大規模改修、修繕工事などお仕事をいただきました。

振り返ると某サブリース会社の事件や関連した銀行の不祥事や大手不動産会社施工物件の界壁不備の問題などコンプライアンスが今年も大きく問題になりました。IT重説がいち早く取り入れて実行している会社もあり、この流れは今後も続いていくと思います。不動産もAIを使い効率化をしていく業界になってきました。少子高齢化で人が少なくなり人材採用が難しくなる中でIT化による効率化でお客様から見えない部分を効率化して、お客様サービスというお客様から目に見えるものに関しては徹底してアナログであることが大事だと感じています。

地域を絞ることでエリア内でのお客様接点を増やしお客様に来てもらい当社サービスを使っていただきます。不動産に関しては賃貸管理は2018年も入居率95%以上を維持することができました。スーパーゼロ賃貸などオーナー様に評価していただき喜んでいただける仕組みも定着してきたと思います。賃貸仲介部門と一緒に仕事をすることでいち早くオーナー様の物件を客付けすることができました。

売買に関しては注文住宅部門と連携することで今年もたくさんの方にイシンホームの特徴である高性能で省エネな注文住宅を建築いただけました。何より嬉しいのは入居後に「トータルで光熱費が下がり快適に過ごせてローンもまかなえる。松井産業の言う通りだった」と言われることは何よりも嬉しいことです。特建部門は今年も賃貸アパートをオーナー様に建築していただき引渡し前に満室経営をすることができています。リフォーム部門は大規模な改修・耐震工事とキッチンやユニットバスなどの水回りコミコミ工事、小修繕を分けて営業することでたくさんのお客様にショールームに来て頂きました。

おかげさまで5月末の決算にて60期も増収増益を成し遂げることができ61期もこのペースでいければ良い成績をご報告できると思います。グループ関連では飲食部門は様々な要因があり苦戦しておりますが介護では彦成福祉会のグループホーム建設など未来に向けた新しい取り組みが始まっています。

世の中が早いスピードで変化していき、少子高齢化による人不足や消費税の増税、災害が多発し来年もどうなるかわからないなど世の中の状況はわかりませんが、そのような環境でも松井産業は地元のお役立ち企業として来年も継続して頑張ってまいります。今後もよろしくお願いいたします。