松井産業はVRなど最新の技術を使って住宅営業をしています。お施主様もプラン段階で3Dや仮想現実でプランがわかるので「とってもわかりやすい」と大変喜んでおられます。


比較的若い世代が多い注文住宅にてまずVRやIOTにつながるツールを使いお施主様に満足をいただきます。その後年齢層が高めになるリフォームのお客様がスマートフォンや映像が主流になる段階ではリフォームでも同じような動きになります。世の中の動きに合わせてお客様に合わせる手法をとり喜んでいただきます。