国土交通省住宅局で監修する「木造住宅の耐震診断と補強方法」の内容に準じた地盤、基礎、建物の形、壁の配置、筋交い、壁の割合、老朽化を調査し建物が地震力を受けた時の強さについて4段階で評価します。特に現行の建築基準法通りに壁の量を満たしているか(水平抵抗力)、壁の配置バランスは悪くないか(偏心率)、接合不良が無いかを中心に調査いたします。松井産業リフォーム部では一級建築士をはじめベテラン診断士が耐震診断をおこないます。無料の「耐震診断説明会」も開催しております。ぜひご参加ください。

耐震診断・耐震リフォームに関する詳しい情報はこちら