耐震リフォーム

松井産業リフォーム館の耐震診断

 

大切な家と家族を守るために”耐震診断”

 耐震改修の必要性

これまでの大きな震災を機に、日本の建築基準は1981年と2000年に見直されました。
しかしながら、発生が予測されている首都直下地震や南海トラフ巨大地震など、
大地震の発生を想定した耐震リフォーム改修の必要性が問われています

 

「新しいから大丈夫」新耐震基準の住宅こそ油断禁物です

現在、日本全国で大地震の発生が予測されており、
その被害を最小限に食い止めるための方法の一つとして、
住宅や建築物の耐震化(=耐震改修・耐震リフォーム)が重要だといわれています。

新耐震基準となった昭和56年以降の住宅や建物でも、
耐震診断のご依頼をいただく物件のほとんどが耐震性に問題があるのが現状です。

「我が家は新しいから大丈夫」と油断されずに、耐震診断だけでも受けられることをおすすめします。

 埼玉県は地震の多い地域?

日本に住んでいると多少なりとも地震の影響を受けると言われていますが、
埼玉県の地震発生状況はどうなのでしょうか。

気象庁による統計によると、1923年以来震度5弱の地震は13回、震度5強以上の地震は2回あります。
全国的に見ると、埼玉県は大きな地震がやや多い地域と言えます。今後発生の可能性が高いとされる「南海トラフ地震」など大きな地震に備えるためにも、まず無料診断、そして最適な耐震改修をすることで大切なマイホームを守りましょう。

 

まずは耐震診断してみませんか? 

地震による死因の約8割以上は家屋倒壊による圧迫死、倒壊した建物が道をふさぎ、さらに被害を広げました。松井産業リフォーム館は長年地元三郷市を中心に建設業を営んできた責任とノウハウを活かし、地元の職人だからできる安心安全な施工をお約束します。

自己負担0円の耐震診断受付中

松井産業株式会社リフォーム部では補助金利用で実質自己負担0円の耐震診断を受付中です。
今すぐ安全数値の評点確認を!お問い合わせはこちらから。

耐震診断チェック

平成9年以前に建てられた家に住んでいる。

10年以上、リフォームや点検を行っていない。

南側に廊下付きの部屋がある。

二間続きの部屋がある。

柱が独立して、左右に壁がない。

屋根が重い(日本瓦など)

2700mm(一間半)以上の室内引き戸がある。

間口2700mm(一間半)以上の掃き出しがある。

南側の窓が北側窓の二倍程度ある間口

該当する項目が一つでもあれば、耐震診断をおすすめします。
該当する項目が一つでもあれば、
耐震診断をおすすめします。
 

ベテラン診断士におまかせください

松井産業の耐震診断が選ばれる理由は、なんといってもベテランスタッフで構成する診断士チーム。一級建築士をはじめ、ベテラン診断士が大切なマイホームを診断します。
お住まいの点検や補修などをされていない方は、ぜひご検討ください!耐震診断なら補助金適用で自己負担0円。ご不明な点はメール、もしくはお電話でお問合せください。

松井産業リフォーム館お問合せ先