松井産業リフォーム館の耐震診断 

大切な家と家族を守るために”耐震診断”

 耐震改修の必要性

これまでの大きな震災を機に、日本の建築基準は1981年と2000年に見直されました。
しかしながら、発生が予測されている首都直下地震や南海トラフ巨大地震など、大地震の発生を想定した耐震リフォーム改修の必要性が問われています松井産業リフォーム館では、まず耐震診断だけでもお受けになることをおすすめしています。

補助金適用することで自己負担0円で耐震診断を受けられます。

 「新しいから大丈夫」新耐震基準の住宅こそ油断禁物です。

現在、日本全国で大地震の発生が予測されており、その被害を最小限に食い止めるための方法の一つとして、住宅や建築物の耐震化(=耐震改修・耐震リフォーム)が重要だといわれています。

新耐震基準となった昭和56年以降の住宅や建物でも、耐震診断のご依頼をいただく物件のほとんどが耐震性に問題があるのが現状です。「我が家は新しいから大丈夫」と油断されずに、耐震診断だけでも受けられることをおすすめします。

 埼玉県は地震の多い地域?

日本に住んでいると多少なりとも地震の影響を受けると言われていますが、埼玉県の地震発生状況はどうなのでしょうか。気象庁による統計によると、1923年以来震度5弱の地震は13回、震度5強以上の地震は2回あります。全国的に見ると、埼玉県は大きな地震がやや多い地域と言えます。今後発生の可能性が高いとされる「南海トラフ地震」「首都直下型地震」など大きな地震に備えるためにも、まず無料診断、そして最適な耐震リフォームをすることで大切なマイホームを守りましょう。 

まずは耐震診断してみませんか? 

地震による死因の約8割以上は家屋倒壊による圧迫死。倒壊した建物が道をふさぎ、さらに被害を広げました。松井産業リフォーム館は長年地元三郷市を中心に、吉川市、松伏町などで建設業を営んできた責任とノウハウを活かし、地元の職人だからできる安心安全な施工をお約束します。

自己負担0円の耐震診断受付中

松井産業株式会社リフォーム館では補助金利用で実質自己負担0円の耐震診断を受付中です。今すぐ安全数値の評点確認を!

耐震診断チェック

平成9年以前に建てられた家に住んでいる。

10年以上、リフォームや点検を行っていない。

南側に廊下付きの部屋がある。

二間続きの部屋がある。

柱が独立して、左右に壁がない。

屋根が重い(日本瓦など)

2700mm(一間半)以上の室内引き戸がある。

間口2700mm(一間半)以上の掃き出しがある。

南側の窓が北側窓の二倍程度ある間口

ベテラン診断士におまかせください

松井産業の耐震診断が選ばれる理由は、なんといってもベテランスタッフで構成する診断士チーム。一級建築士をはじめ、ベテラン診断士が大切なマイホームを診断します。お住まいの点検や補修などをされていない方は、ぜひご検討ください!耐震診断なら補助金適用で自己負担0円。ご不明な点はメール、もしくはお電話でお問合せください。

補助金の申請もしっかりとサポート

2016年の熊本震災では、昭和56年(1981年)と平成12年(2000年)の建築基準法改正以前の建物において、多数の家屋倒壊と死傷者が出ています。松井産業リフォーム館では一級建築士をはじめとしたベテラン診断士が耐震診断を行っています。補助金の申請など面倒なお手続きも松井産業のスタッフがサポートしますので、ぜひご相談ください。

耐震補強ってどんなことをするの?

耐震補強には基礎補強、壁補強、接合部の補強など様々な方法があります。大切なのは、しっかりと効果の上がる補強、評点が上がる補強を行うことです。松井産業リフォーム館では、耐震診断の結果に基づき、必要な補強工事をご提案いたします。

ここで一部をご紹介いたします。

地盤の改善

地盤の改善には次のような方法があります。

  1. 沈下修正 沈下した分だけ修正する方法。比較的安価ですが応急処置的なものになります。
  2. 支持地盤まで杭を打ち基礎を乗せる。家をジャッキアップして杭を打ち込みます。高額になるのが難点です。
  3. 地盤を改良する

家を持ち上げて別の場所に移動する、もしくは1階の床をすべて剥がして施工します。これも高額になります。既に家の建っている土地を改良するのはやはり困難です。建てる前に地質調査・地盤改良を行う方が一般的です。

基礎の補修

基礎の補修には、ひび(クラック)の補修(ひび割れが生じている箇所にエポキシ樹脂を注入して塞ぎます)や無筋基礎の有筋化(既設の無筋基礎の外側に鉄筋コンクリート造の基礎を抱きあわせ、一体化して補強します)などがあります。

壁の補強

壁を補強すると言ってもやみくもに壁を強くするのでは偏心率(重心と剛心の距離)は改善されません。必ず耐震診断の結果から補強の必要な箇所を割りだし、的確な位置に的確な強度の壁を補強する必要があります。

  1. 筋交いを入れて補強する
    梁から土台の間に筋交いを入れることでバランス・耐力を向上します
  2. 面材(構造用合板等)を用いて補強する
    筋交いを入れる場合と同様,壁の耐力を向上します。最近では梁、土台の加工が必要ない補強方法もあります。
  3. 開口部を減らして新しい壁を増やす

    壁を増やすことでバランスを改善します。隅部を壁にすると、一層効果的です。

開口部を減らして新しい壁を増やす

壁を増やすことでバランスを改善します。隅部を壁にすると、一層効果的です。

土台・柱下の改善

土台が腐朽または蟻害を受けている場合や、柱下が傷んでいる場合など、土台の取替えや柱根継ぎを行う必要があります。なお、取り替え材には必ず防腐・防蟻処理を行ってください。加圧注入した木材では耐久性が持続するため、再発防止につながります。また、腐朽・防蟻対策として床下に調節炭を敷き詰めることも効果があります。

接合部・その他

その他にも診断の総合評点に反映される「屋根の軽量化」や反映はされませんが部分的な欠陥の改善として「接合部の補強」など、重要性の高い補強があります。

基礎と柱を緊結する

壁が強くなることで柱のホゾ抜けが起こりやすくなります。それを防止するためにホールダウン金物を使用し、コンクリート基礎と柱を直結します。またホールダウン金物には、壁の中に金物を収める「内付け」と外側に設置する「外付け」があります。

屋根を軽くする

重量のある日本瓦を軽量な材質に取り替えることも耐震性の向上に有効です。

バットレス(添柱・控柱)を設置する

建物の内部では強い壁の設置ができないときには、筋交いと同様の効果を発揮するバットレスを外側に設置します。

無料診断のお問い合わせ

三郷市・吉川市・松伏町周辺で耐震診断・耐震補強をお考えなら松井産業リフォーム館にご相談ください。ご来店・お電話でのお問合せもお待ちしております。