2019年6月5日第62期の経営計画発表会を行いました。おかげさまで61期も堅調に経営を行えました。おかげさまで長期財務指標も良い評価となっており税理士の先生からも非常に優秀とお話いただきました。

時代は平成から令和に変わり様々な変革が求められる時代となりました。松井産業は大正11年に創業し一貫して地域のお役立ちに専念してきました。呉服→米穀→養鶏→飼料、現在は不動産と建設、最近は介護に飲食と地域の要望に合わせて業態を変えてきました。

常にチャレンジの精神、60歳、70歳になっても「もう年だから」ではなく常に学び続けて変革する姿勢が松井産業です。

永年勤続表彰では勤続20年として浅見、勤続15年で大河原、松永、勤続5年で佐田、齋藤、岸、田鹿、武井と表彰させていただきました。これからも宜しくお願い致します。

発表会1部では規律を重んじた形式で行い2部では懇親のためのコミュニケーションに主をおいた形式で行いました。経営を行うにあたりこういったメリハリや社員がその場に合わせた動きができる点は大きな強みだと考えます。

恒例の新入社員による余興や早食いレースなどたいへん盛り上がりました。62期もお客様に喜んでいただける活動ができるよう頑張ります。