三郷市S様貸家の屋根状況です。築30年前後経過していると劣化が激しくなっている場合もあります。

一般に瓦の屋根のお住まいは瓦と瓦の接着に漆喰が使われています。漆喰は風雨や日光、また日本は四季もあり寒暖差もあります。時間とともに劣化し崩れることがあります。瓦がずれてしまったり、ずれた瓦同士が干渉し合って割れたり欠けたり、雨水が侵入して雨漏りになったりと様々なトラブルが発生する場合があります。漆喰が崩れ、無くなると瓦がしっかりと固定されておらず不安定になります。乗っかっているだけの状態になり、風や地震で落下してしまう可能性が出てきます。

こうなってくると瓦の補修も、単に漆喰の詰め直しではなく、棟の取り直しが必要になってきます。棟瓦取直し工事は棟瓦を一旦取りはずし、再度漆喰を詰め直して取りはずした棟瓦を再び設置します。瓦がズレたり、今回の写真のように漆喰が剥がれてほとんどなくなってしまっていたりと重症な場合に行われます。

今回は棟を取り直しさせていただき施工後にセメント瓦なので塗装させていただきました。