松井産業は大正11年(1922年)創業当時は呉服屋でした。次は米穀を扱う商売をしました。時代が変わるにつれ業態を変化させ、その後養鶏や飼料業となり、それも変化して今では不動産、建築、介護、飲食を行っています。変化することで地域にとけこんで地域密着の事業を行っていくことができました。根底にあるのは地域へのお役立ち、すなわち松井産業はお客様や地域社会との心の距離が近い会社づくり、信頼の関係づくりを目指しています。

消防団に協力して三郷市より表彰をいただきました。

地元三郷市彦成のお祭りに毎年協力しています。

掘り出し市など地域の方々も参加するイベントを開催し賑わいます。

リフォーム館にボルダリングをつくり地域の子ども達にも楽しんでいただいています。

酸素ボックスを設置し高齢の方や高齢者施設の方、社員、お客様、地域の方々に使っていただいています。

経営品質に取り組みアセスメントを通して改善活動をしています。

TRUST4運動、HQCC運動という独自のお客様満足活動を推進し歌をつくり社員、地域の方々、職人さん達と踊って歌って楽しく活動しています。人と人、人と社会を「信用と和」の心でつなぎ強い信頼関係を基盤にした「地域と共に創りあげる会社」「安心、安全、信用」が当社の根底であります。現在は新入社員にもわかりやすいように4大商品HQCC(ホスピタリテイ、クオリテイ、クリンリネス、コミュニケーション)運動としてこの考えを推進しています。。HQCCにて社会貢献を進めていきます。